不動産が売れない原因は?改善策と売るためのポイントも解説

2022-04-07

不動産が売れない原因は?改善策と売るためのポイントも解説

この記事のハイライト
●不動産が売れないのは、売り出し価格に問題があることなど複数の原因が考えられる
●不動産売却を成功させるための改善策としては、適切な価格設定で需要の高い時期に売り出すことなどが挙げられる
●早く不動産を売りたいときは買取も検討すると良い

お持ちの不動産を売りに出したものの、なかなか売れないとお悩みの方は多いようです。
なぜ不動産が思うように売れないのか、その原因を探り、的確な対策をおこなえば、状況の改善が期待できます。
この記事では、不動産が売れないときに考えられる原因と、それに対する改善策、また、覚えておきたいポイントを解説いたします。
深谷市など埼玉県北部の不動産をお持ちの方はぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない原因

不動産が売れない原因

不動産の状況はさまざまですが、なかなか売れない物件には共通点があることが多いです。
ここでは売れない不動産に考えられる原因をご紹介します。
お持ちの不動産に当てはまるものはないか、ご確認ください。

売り出し価格に問題がある

不動産が売れない場合、考えられる原因の多くは売り出し価格の問題です。
売り出し価格が高すぎる場合、興味を持ってくれる方も少なくなります。
また、たまたま同じタイミングで、似た条件の不動産がより安い価格で売り出されていた場合も、なかなか売れない原因となります。
できるだけ高く売りたいという思いが強すぎるために、相場と比較して割高な価格設定となってしまっていることが多いです。

物件のマイナスポイントが目立っている

物件の外観や設備に欠陥があり、それが目立っている場合、なかなか買い手が付きにくいことが多いです。
とくに旧耐震基準で建築された建物は、安全上の問題があるため、売れにくい傾向にあります。
周囲に買い物できる施設がない、駅から遠すぎるなどの立地条件の悪さも原因のひとつです。
また、室内の見た目もマイナスポイントとなっている可能性があります。
第一印象を左右する玄関に清潔感がないと、物件全体の印象も悪くなってしまいます。
また、室内では水回りの綺麗さを重視する方が多いため、浴室やトイレ、キッチンはとくに注意したいポイントです。

売り出し時期が悪い

不動産にも活発に売り買いされるシーズンがあります。
購入後に引っ越しても新学期、新年度に間に合う3月が、もっとも不動産が売れやすいシーズンです。
4月以降や、内覧のために出歩くには暑すぎる8月は不動産の需要は高くありません。
そのような時期に売却しようとしても、なかなか売れないことが多いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れないときの改善策

不動産が売れないときの改善策

不動産が売れない原因が思い当ったら、その対策を講じることで売れやすくなります。
前章でご説明した売れない原因に対して、有効な改善策を解説いたします。

適切な売り出し価格に設定しなおす

不動産の売り出し価格が相場より割高であると判断できた場合、適切な売り出し価格に設定しなおすと良いでしょう。
購入希望者に与える印象として価格はインパクトが大きいため、値下げをすることで反響が期待できます。
ただし、短期間で小刻みな値下げを繰り返してしまうと、売れ残り物件のイメージが付きやすくなります。
そうすると足元を見られて、さらなる値下げ交渉をされることも考えられます。
無計画に値下げするのではなく、相場と比較して適切な価格に設定することが大切です。

マイナスポイントをカバーできるようにする

旧耐震基準の家や立地が悪い不動産は、マイナスポイントそのものを改善することは難しいです。
しかし、旧耐震基準の戸建ての場合は耐震補強工事をおこなって、耐震基準適合証明書を取得するなども改善策のひとつです。
マイナスポイントがなくならなくても、買主が不安に思う点を気にならなくすることで、売れやすい不動産となります。
室内に清潔感がないなら、念入りに掃除をして、においにも気を遣うことで印象が変わります。
個人で掃除することに限界があるのなら、ホームクリーニングを依頼することも検討してみてください。
ただし、マイナスポイントをなくすために必要な費用と、それによって期待できる効果の釣り合いを考える必要があります。
たとえば大規模なリフォームに多額の費用をかけても、それに見合った成果が得られないことも多いのが実情です。
改善策を実行する際は、不動産会社の担当者など、専門家に相談してからにしましょう。

需要の高い時期に売りだす

不動産を早く売らなければいけない事情がある場合は難しいですが、もし売却までに余裕があるなら需要の高い時期に合わせて売り出すことも改善策のひとつです。
3月に契約をするために1月ごろから物件を探し始める方が多いため、12月中から売り出し始めることが理想です。
需要の高い時期が来るまで売り出し続けても良いのですが、長期間にわたって募集を続けていると「なにか問題がある物件かもしれない」と購入希望者が不安を感じかねません。
適切な時期に売り出すことで、効果的に売却が進められます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売れない不動産を売るためのポイント

売れない不動産を売るためのポイント

不動産が売れない状況を改善するために、覚えておきたい大切なポイントについてご説明します。

売り急がず余裕を持つ

もしなにか事情があり早く不動産を売らなければいけない場合、どうしても不利な条件で売却を迫られることがあります。
高く売るために必要な時間をかけられず、購入希望者からの価格交渉をされやすい状況になってしまいます。
売り急いでいる状況では焦りや不安が押し寄せ、精神的な負担も大きいのも問題のひとつです。
不動産売却では期間に余裕を持って、少なくとも半年はかかる心づもりをしておくことがポイントです。
どうしても急ぐ事情があっても、焦っている雰囲気は購入希望者の前では見せないようにして冷静に対処することが大切です。
そうすれば、大幅な価格交渉は避けやすくなるでしょう。

内覧で好印象を与えられるようにする

内覧で物件内に入ってからすぐにその物件を購入するか決めるという方もいるほど、第一印象はとても大事です。
まだその不動産にお住まいであれば、なるべく物は減らすように心がけましょう。
物が少ないと室内が広く見える効果があります。
たとえ日当たりの良い部屋でも、明るい照明を付けることでより雰囲気が良くなります。
内覧者への対応をする際には、身だしなみを整えておきましょう。
質問をされたら丁寧に答えるように心がけることで、住民への好印象から、物件にも好印象を与えられます。

仲介だけでなく買取や買取保証も検討する

なるべく早く不動産を売りたい場合や、売れない不動産に対して不安に思うことに疲れてしまった方は、買取を検討してみると良いかもしれません。
買取とは、不動産会社に直接不動産を売却する方法です。
一般的な仲介での売却の7割から8割ほどの価格になってしまうのがデメリットですが、不動産を素早く現金化できます。
個人ではなかなか売れない物件でも、買取なら売れる可能性が高いです。
また、仲介で不動産が一定期間売れなかった場合に、不動産会社が買取を保証する「買取保証」という売却方法もあります。
高く売れるチャンスはなるべく逃したくないけれど、売却の期限は決まっている、という方におすすめの方法です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産が売れない原因と、それに対する改善策、売るためのポイントをご説明しました。
不動産が売れない原因を探って、改善することで、売れやすくなります。
株式会社Future Boxでは、深谷市を中心とした埼玉県北部で仲介や買取、買取保証もおこなっています。
深谷市周辺の不動産が売れないとお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ