深谷市周辺で不動産売却を検討中の方に!インスペクションについてご紹介

2022-04-10

深谷市周辺で不動産売却を検討中の方に!インスペクションについてご紹介

不動産のインスペクションは、現在、空き家対策が進む日本で注目を集めています。
そこで今回は、深谷市周辺で不動産売却をお考えの方向けに、インスペクションについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却におけるインスペクションとは?

インスペクションとは、不動産売却の前に、建築士などの専門家が物件状況、耐震診断、シロアリ検査といった調査をおこなうことです。
媒介契約の際などに、不動産会社から売主に「インスペクション」について説明することが法律で義務化されています。
インスペクションは、売主と買主双方が安心して売買取引をおこなえる点が一番のメリットです。
売主だけではなく、買主側からも実施を申し込むことができ、不動産の状態と値段などを照らし合わせたうえで納得して購入できるからです。
そのため、取引自体もスムーズに進めることができ、売却後のトラブルを防ぐことにもつながります。
一方で、インスペクション費用の相場は5万円程度といわれ、こうした費用や時間がかかることがデメリットといえるでしょう。
また、調査の結果次第では、修繕を求められることもあり、追加費用が発生する可能性もあります。
とはいえ、売主としては、できるだけ良い価格で不動産を売却したいのが本音ではないでしょうか。
もし劣化部分や欠陥があった場合は、査定額や売却額が低くなってしまう可能性があるため、査定前にインスペクションを実施し、必要に応じて修繕などをおこなっておくと安心です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時のインスペクションはなぜ必要?その目的とは

ここまで、インスペクションの特徴などをお伝えしましたが、そもそも何のためにおこなうのでしょうか。
安心な売買取引、トラブル防止などをメリットとしてご紹介しましたが、これらもインスペクションをおこなう目的といえるでしょう。
それに加え、日本では空き家が社会問題化していることもあり、政府は中古住宅などの既存物件の取引を活性化することも目的としています。
そのための策として注目されているのが、不動産のインスペクションです。
国土交通省は、2013年6月に「既存住宅インスペクション・ガイドライン」を策定し、中古住宅などの流通強化のための施策として、インスペクションの普及に力を入れています。
メリットもデメリットも存在するインスペクションですが、うまく活用することで、「不動産を早く高く売却する」という売主自身の目的も達成することにつながるため、内容をよく理解したうえで、不動産売却に臨みましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は、不動産売却までに知っておきたい、インスペクションの特徴やその目的などについてご紹介しました。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ