不動産売却が長引く原因は?対処法もご紹介!

2022-04-14

不動産売却が長引く原因は?対処法もご紹介!

不動産売却を決めたら、できるだけ早く売れてほしいと考える方が多いでしょう。
高額になることがほとんどの不動産売却では、数週間ですべてのステップが完了するのは非常に稀なケースです。
スムーズにいかないことのほうが多いかもしれません。
しかし、長引くほど売却しづらくなってしまうため注意が必要です。
そこで不動産売却が長引く原因や早期に完了させるための対処法について、ご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引く原因とは?一般的な期間はどれくらい?

売却にかかる期間は不動産によってさまざまですが、一般的には3か月から6か月程度が目安といわれています。
査定を受けたり媒介契約を締結するまでの期間や売却活動の内容によっても左右されるため、6か月以上の期間がかかることも珍しくありません。
しかし、売り出してから売却までの期間が長引くほど売れづらくなってしまいます。
長期間売れないのは何か問題があるのでは?と勘繰られてしまうケースも少なくありません。
売却が長引く原因として物件そのものや売却金額に問題がある、売却の時期が悪いなどが考えられます。
たとえば立地条件が悪い物件は売却が長引くケースが多く、相場価格より高い物件は売れ残ってしまいがちです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引くときに試したい対処法!

早期の不動産売却を目指すなら、長引く原因を知って的確な対処法を見つけることが重要です。
たとえば、相場価格より高いことが原因であれば、売却価格を下げることで売れやすくなるでしょう。
物件そのものに問題がある場合は、その問題を解決する必要があります。
購入希望者の印象が良くなるよう、掃除などの手入れをおこなうなど、小さな積み重ねが重要です。
故障した設備がある場合は撤去や修繕を検討してみてください。
立地条件や土地の形状など、すぐには解決できない問題が原因で長引く場合は買取なども視野にいれてみると良いでしょう。
買取なら媒介契約の締結や売却活動が不要なため、すぐに現金化が可能です。
また、不動産売買にはシーズンも少なからず影響します。
時期的なものもあるので、長引く場合は時期をずらしてみるのもおすすめです。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却は、必ずスムーズに進むとは限りません。
一般的には6か月ほどで売却が完了するといわれていますが、さまざまな原因により長引くことがあります。
売り出し期間が長いほど売却しづらくなってしまうため、原因を見極め的確な対処法を取ることが重要です。
価格や掃除、修繕など原因にあった対処法を見つけてください。
立地条件や土地の形状など対処が難しい場合は、買取を検討してみるのも良いですよ。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ