オーバーローンだと不動産売却できない?調べ方や売却方法は?

2022-04-21

オーバーローンだと不動産売却できない?調べ方や売却方法は?

一生住むつもりで買った家であっても、さまざまな理由から不動産売却を選ぶこともあるでしょう。
しかし住宅ローンを利用して購入して残債が残っていると、自由に売却できるとは限りません。
とくにオーバーローンになっている場合は、注意が必要です。
そこで不動産売却に影響を与えるオーバーローンとはどのような状態か、調べ方や売却方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却に影響するオーバーローンとは?

不動産の購入は高額になることから、住宅ローンを利用して購入する方も多いでしょう。
そこで注意してほしいのが、オーバーローンです。
オーバーローンとは、不動産の資産価値よりもローン残高が高い状態のことをさします。
逆に不動産の資産価値がローン残高よりも高い状態を、アンダーローンといいます。
以前は頭金なしでの借り入れは難しく、フルローンやオーバーローンでの住宅ローン利用はできませんでした。
しかし近年フルローンはもちろん、住宅の購入価格だけでなく諸費用を上乗せしてローンを組むことが可能になってきています。
そのため、不動産売却の価格より住宅ローンの残高が高くなってしまう状態に陥ってしまうのです。
不動産売却時は、ローン残高を一括返済し、抵当権を抹消してもらわなければなりません。
しかしオーバーローンでは売却してもローン残高の全額を支払えないので、自己資金などを用いて返却する必要があります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却に影響するオーバーローンの調べ方とは?

オーバーローンの場合、不動産売却に影響を与えることになるため事前に確認しておきましょう。
調べ方は、住宅ローン残高と不動産の資産価値を比較するだけです。
資産価値のほうが高ければアンダーローン、住宅ローン残高のほうが高ければオーバーローンと判断しましょう。
資産価値は、周辺の物件価格や過去の取引事例から推測できますが、正確に判断するためには専門的な知識が必要不可欠なため査定を依頼することをおすすめします。
もしオーバーローン状態で住宅ローンの返済のめどが立たないような場合には、任意売却を検討してみましょう。
任意売却は債権者である金融機関の同意がなければおこなうことはできませんが、競売より高い金額で売ることが可能です。
引き渡し時期などもある程度反映させられるため、返済が滞る前に検討してみても良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

オーバーローンとは、住宅ローン残高が不動産の資産価値を上回ってしまうことです。
不動産売却時には住宅ローン残債を一括返済し抵当権を外してもらう必要があるため、手持ち資金での完済が難しいと売却できない可能性があります。
調べ方は、ローン残債と不動産の資産価値を比較すれば分かりますので、不動産売却前に確認しておきましょう。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ