深谷市での不動産売却!地価動向と人口動態から見る売却のタイミング

2022-04-24

深谷市での不動産売却!地価動向と人口動態から見る売却のタイミング

不動産売却のタイミングを決めるのはなかなか難しいですよね。
この記事では、売却のタイミングを把握するために大切な地価動向と人口動態について解説していきます。
深谷市で不動産売却をお考えの方、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

地価動向から見る深谷市での不動産売却のタイミングについて

深谷市での土地売却を後悔しないようにするには、地価の動向を理解した上で、ベストな売り出し時や売り出し価格を検討することが大切です。

深谷市の最新の地価動向

  • 地価総平均:4万3,851円/㎡
  • 坪単価:14万4,965円/坪
  • 変動率:-0.21%

上記の数字は深谷市の公示地価と基準地価の総平均を記載しております。
参考URL://tochidai.info/saitama/fukaya/
深谷市内の地価は、JR高崎線、秩父本線の線路へ距離が近いほど高い傾向にあります。
また、深谷市の中でのエリア地価ランキングは以下のとおりです。

  • 1位:深谷駅
  • 2位:籠原
  • 3位:小前田

深谷市の地価は1991年をピークに年々下がっていっています。
新型コロナの影響もあり、2021年は全国的に地価がマイナスに転じるところが多くありました。
現在は、回復傾向にあるものの、今後地価が過去の経済危機の時と同じように長期的に下落していくと考えられます。
深谷市においても長期的な視点から考えると、不動産の売却は今のうちがベストだと言えるでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

人口動態から見る深谷市での不動産売却のタイミングについて

人口動態とは一定期間中に出生・死亡による自然増減と、転入・転出による社会増減を集計したもので、地価の動向と合わせて見ることで不動産売却のタイミングなどを推測することができます。

深谷市の最新の人口動態

深谷市のホームページによると、2022年3月1日時点で深谷市には61,427世帯、142,127人が暮らしています。
自然増減に関しては、平成18年をピークに年々減少傾向にあります。
社会増減に関しては、転出者・転入者が横ばいで推移しており、転出超過の年が多いです。
2008年において147,761人いた人口は2060年に96,471人まで減少することが予想されていて、高齢化率は42.8%まで上昇することが見込まれています。
深谷市では今後、不動産購入のターゲットとなる年代が減少していくことからも、売却のタイミングとしては今のうちがベストだと言えるでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は深谷市の地価動向と人口動態から不動産売却のタイミングについてご紹介しました。
深谷市で不動産売却をお考えの際のご参考になれば幸いです。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ