空き家を放置することのリスクや解決策について解説

2022-05-12

空き家を放置することのリスクや解決策について解説

空き家を保有しているけれど、どうすれば良いかわからずお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、空き家を放置することのリスクと、放置しないための解決策についてご紹介します。
深谷市周辺で不動産売却をお考えの方、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

空き家を放置することのリスクについて

老朽化が進んでいく

建物は使わないと老朽化がどんどん進んでいってしまいます。
老朽化が進むということは、建物の資産価値もどんどん低下してしまうということです。

トラブルの原因

空き家は以下のようなトラブルの原因になります。

  • 不法投棄による悪臭
  • 放火
  • 犯罪の拠点
  • 害虫・動物の住処になる

所有者責任リスク

空き家の所有者には所有者責任が課されています。
たとえ住んでいなかったとしても、建物の崩壊などが原因の事故で、建物の設置や保存に問題があった場合には、自身に過失がなくても所有者は責任を負う必要があります。

経済的なデメリット

空き家は所有しているだけで、固定資産税や管理費など一定の維持費がかかります。
また、特定空き家に指定されてしまうと、通常よりも多く税金を支払うことになる恐れがあります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売却など空き家を放置しないための解決策について

解体

空き家を解体することで得られるメリットには以下のようなことが挙げられます。

  • 建物が原因のトラブルを回避できる
  • 建物のメンテナンスの手間がなくなる

解体費用の一般的な目安としては以下のとおりです。

  • 木造30坪:105~180万円
  • 軽量鉄骨造30坪:120~210万円
  • RC造30坪:165~240万円

自治体によっては空き家の解体費用に対して補助金が出る場合もあります。

仲介による売却

築年数が浅い物件や、立地の条件が良い空き家などの場合には一般の仲介での売却がおすすめです。

買取

建物の状態が悪く一般の仲介での売却が難しい場合や、解体費用の捻出が難しい場合には買取もおすすめです。
買取の場合には建物の解体の必要もなく、早期に売却し現金化することが可能です。
なるべく早く空き家を手放したい場合には買取を検討してみてください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は空き家を放置することのリスクと解決策についてご紹介しました。
空き家を保有している際には適切な管理をおこない、それが難しい場合には早急に対処していきましょう。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ