任意売却をおこなう際の引っ越し費用について解説!費用が出るケースとは?

2022-05-19

任意売却をおこなう際の引っ越し費用について解説!費用が出るケースとは?

任意売却と競売を比較した際のメリットとしてよく挙げられるのが、「任意売却は引っ越し費用が出る」という点です。
しかし、任意売却の際にも、引っ越し費用が出るケースと出ないケースがあります。
今回は、任意売却と引っ越し費用について解説していきます。
深谷市周辺エリアで任意売却をお考えの方、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

任意売却の際の引っ越し費用について

任意売却と競売

通常不動産を売却するときには、住宅ローンを完済しなければ売却することができません。
その際、ローンの一括返済が難しい場合に使える方法のひとつが「任意売却」です。
家の売却額のすべてをローン返済に充てるなどの条件のもと、債権者である金融機関の許可を得て、特別に許可をもらった状態で家を売却することを任意売却と言います。
一方で、「競売」は裁判所が介入し、強制的に売却することを言います。
競売は裁判所主導で強制的に進むため、融通が効かず、引っ越し費用に関しても出ることはありません。
それに対して任意売却では、状況や債権者との交渉次第で、売却代金から引っ越し費用を出してもらえる可能性があります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

任意売却の際に引っ越し費用が出るケースと出ないケースについて

基本的に債権者には引っ越し費用を確保する義務はありません。
引っ越し費用というのはあくまでも債権者の善意によるものになります。
債権者からするとなるべくローンを回収したいため、簡単には引っ越し費用は認められないことが多いです。
そのため、引っ越し費用を出してもらうために以下のポイントを抑えておく必要があります。

引っ越し費用を出してもらうためのポイント

誠心誠意伝える
資金が足りずに引っ越し費用の捻出が難しいということを、誠心誠意説明し、理解してもらうことが大切です。
不動産をできる限り高く売却する
回収金額が少ないと引っ越し費用を認めてもらうことが難しくなります。
なるべく高い金額で売却できれば、債権者からしても引っ越し費用を出す余裕ができます。
高く売却するために自分でおこなえることとしては以下のようなことが挙げられます。

  • 購入希望者の内覧に備えて室内を清潔に保つ
  • 売買が活発になる時期に売却する

内覧の際には室内を清潔に保ち、余裕があれば室内を演出するホームステージングなども効果的です。
また、可能であれば売買活動が活発になる2~3月に売却をおこなうことも高く売却する方法のひとつになります。

引っ越し費用が出ないケース

以下のようなケースは引っ越し費用が認められないことが多いです。

  • 十分な貯蓄や換金できる資産を持っている場合
  • 金銭的に頼れる身内がいる場合

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は任意売却の際の引っ越し費用についてご紹介しました。
任意売却をお考えの際のご参考になれば幸いです。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ