不動産売却時の家の解体費用に補助金は使える?適用条件や注意点を解説

2022-05-22

不動産売却時の家の解体費用に補助金は使える?適用条件や注意点を解説

売却にあたって家を解体したいけれど、解体費用が高く躊躇している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
家を解体するにあたって、条件を満たすことで各自治体の補助金を使える可能性があります。
今回は補助金を使うための適用条件や利用の際の注意点についてご紹介します。
家の解体にあたり、少しでも費用負担を軽くしたいとお考えの方は、ぜひご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

売却時の家の解体費用に補助金は使える?補助金の適用条件について

補助金はどこから

解体費用に関する補助金の費用は「国」ではなく、「各自治体」から拠出されます。
そのため、補助金の名称・適用条件などは各自治体によって異なります。

補助金の目的

解体費用に対して各自治体が補助金を出す目的としては、以下のようなことが挙げられます。

  • 街の景観を保つため
  • 犯罪の温床となるのを防ぐため
  • 不法投棄・害虫の発生などを防ぐため
  • 倒壊による危険性を排除するため

補助金の適用条件

解体費用に対して補助金が出るのは主に空き家です。
各自治体によってどのような建物を空き家とみなすかは異なってきますが、一般的に以下のような条件に当てはまる場合には補助金をもらえる可能性が高いです。

  • 一定期間(1年以上)使用されていない
  • 対象の市町村内にあること
  • 老朽化しているものや倒壊・悪影響を及ぼす危険性があるもの

また補助金の申請を行う申請者に対する条件には以下のようなものがあります。

  • 空き家の所有者であること
  • 市税の滞納がないこと

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売却時の家解体費用で補助金を受ける際の注意点について

補助金の支払いは原則後払い

補助金を実際に受け取ることができるのは、解体工事が完了した後になります。
解体工事にかかった最終的な費用をもとに補助金額が算出されます。
そのため、最初は全額自分で支払う必要がある点に注意が必要です。

時間がかかる

自治体の担当者が実際に現地を訪れて状況を確認するため、補助金の申請を出してから審査が完了するまでには時間がかかります。
1か月程度はかかることを見込み、申請を出す際にはゆとりを持って手続きを進めていくことが大切です。

自治体に確認すること

補助金を受ける際にはまず自治体に確認することが大切です。
問い合わせる際は、以下のような点について内容を確認しましょう。

  • 補助金制度の種類について
  • 今年度の申請開始日と締切日について
  • どれくらいの補助金が支給されるか
  • 申請の条件について

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

今回は売却時の解体費用の補助金について、適用条件や利用時の注意点などをご紹介しました。
補助金の利用を検討している場合には、各自治体に詳しい条件を問い合わせてみてください。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ