不動産売却しても住み続けられるリースバックのメリットとデメリットとは?

2022-05-29

不動産売却しても住み続けられるリースバックのメリットとデメリットとは?

さまざまな事情で不動産売却を検討している方のなかには、可能ならばこのまま住み続けたいと考えている方もいるのではないでしょうか。
長年住み続けた家を離れることなく、不動産を売却できる方法はないかと悩んでしまいますよね。
ここでは深谷市周辺で不動産の売却を検討している方に向けて、解決策の1つとなる「リースバック」についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の「リースバック」とは?

リースバックとは、自宅を売却した後に買主と賃貸借契約を結び、そのまま住み続けることができる売却方法のことです。
買主の多くは不動産会社のため、条件によっては売却した物件を将来的に買い戻せることもあります。
しかし、売却価格が住宅ローンの残債よりも少ない「オーバーローン」の状態で抵当権が解除できないケースでは、リースバックを利用できない可能性もあるため注意が必要です。
リースバックでの売却を検討する場合は、事前に売却価格とローン残債の確認をしておくと良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で「リースバック」を選択するメリットとは?

住んでいる物件を売却した後に、賃貸物件として住むことができるリースバックには、多くのメリットがあります。

引っ越しが不要

リースバックにおけるもっとも大きなメリットは、売却後もそのまま住み続けることができることでしょう。
引っ越しの負担がなく、生活が変わらないため周囲に家を売却したことを気付かれる心配がないのも嬉しいポイントです。

コストやリスクが軽減される

不動産を所有していると必要な税金などの費用や、災害、ローン返済などのリスクがなくなるのもメリットの一つといえます。
賃貸借契約を結ぶため毎月の家賃は必要ですが、固定資産税や建物の修繕費などのコストは買主が支払うことになります。

スピーディーに資金を用意できる

老後の資金などを、住み慣れた家にいながら調達することができるのもリースバックのメリットです。
また、一般的な仲介での売却と異なり、買主が個人ではないことが多いためスピーディーに売却することができ、手元に現金を確保することができます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で「リースバック」を選択するデメリットとは?

リースバックには、メリットだけではなくデメリットもあります。
リースバックによる売却は、一般的な仲介での売却と比較すると売却価格が安くなる傾向があるので、事前に確認しておきましょう。
また、売却後は所有権が買主に渡り、その後は賃借人として賃貸借契約を結ぶことになります。
今まで住んでいた家であっても、勝手に修繕やリフォームなどはおこなわず、賃貸物件としての利用ルールを守って生活する必要がある点に注意しましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産を売却しても住み慣れた家に住むことができるリースバックは、スピーディーに資金を調達できるメリットの多い方法です。
しかし、売却価格が安くなることなどのデメリットもしっかりと確認し、納得してから検討しましょう。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ