共有名義の不動産を売却する方法とは?注意点についても解説

2022-06-05

共有名義の不動産を売却する方法とは?注意点についても解説

夫婦やご家族など共同で不動産を購入するさい、共有名義の方も多いのではないでしょうか。
共有名義である夫婦が離婚した場合や、亡くなったときはどうなるのか不安に感じている方も多いかもしれません。
今回は共有名義の不動産の売却方法や注意点について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時におさえておきたい共有名義とは?

共有名義とは、不動産を複数の所有者で共有していることで、それぞれの出資割合に応じた持分で登記されます。
共有名義とは反対に、1人で不動産を所有している状態を単独名義といいます。
単独名義の不動産の場合、自由に売却ができますが、共有名義では反対する所有者がいると売却ができません。
共有名義者が死亡して単独名義になった場合は、不動産売却も自分だけの意思でおこなうことができます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

共有名義の不動産を売却する方法とは

共有名義の不動産を売却するためには、所有者全員の承諾が必要になります。
離婚でどちらかが売却に反対している場合は、持分売買という共有者同士での持分の売却や買取をおこなう方法があります。

相続により共有名義になった場合の不動産売却

相続により、不動産が共有名義になる場合があります。
売却に反対な人がいる際の解決方法は、次のようなものがあげられます。
持分売買
自分の持分をほかの所有者に買い手ってもらう、もしくは自分がほかの所有者の持分をすべて買い取るという方法です、
分筆して売却
不動産が土地だけならば、土地を分筆登記することで、自分の持分だけの売却が可能です。
ただし、測量費や登記費用などが別途かかります。
相続時に換価分割をおこなう
相続時に代表者が不動産を相続し、売却後に現金を相続人全員で分割する方法です。
全員の同意が必要ですが、共有名義にして売却するよりも手続きが少なく、早期売却が可能です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

共有名義の不動産売却をおこなう際の注意点とは

共有名義の不動産売却時の注意点は次のようなものがあげられます。

持分売買の注意点

親族間だからと売買ではなく贈与にした場合、贈与税が課税されます。
低い値段で売買した場合も、市場価格の差額分に対し、みなし贈与税が課税される可能性があります。

持分売買で住宅ローンを組む場合の注意点

住宅ローンは金利が低いため、ほかの目的のためにローンを利用していないか調査が入り、審査が厳しくなります。
市場価格からかけ離れた価格になっていないかという点も調査対象です。
また住宅ローンを利用する場合は重要事項説明書を提出するため、不動産会社に仲介に入ってもらうことが必要です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

共有名義の不動産売却をする際は、所有者全員の同意が必要になります。
持分売買をする際は、市場価格からかけ離れた低い金額で取引しないよう注意しましょう。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ