土地の分筆をして不動産を売却する方法を解説!流れやメリットもご紹介

2022-06-02

土地の分筆をして不動産を売却する方法を解説!流れやメリットもご紹介

土地の一部を売却したいけれど、どうしたら良いかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は不動産の一部の売却や活用したい方にむけて、土地を分筆する方法をご紹介します。
分筆のメリットについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における分筆とは?

分筆とは、1つの土地を複数に分けて登記することです。
分筆された土地はそれぞれ新しい地番がつけられ、独立した土地として登記されます。
そのため分筆することで、一部を不動産売却することも可能になります。
分筆と似た言葉で分割がありますが、分割は土地を線引きするだけで登記はおこないません。
分割の場合、1つの土地に複数の建物が建てられますが、一部分のみの売却はできないという違いがあります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で分筆をおこなうメリットとは?

分筆をおこなうメリットについてご紹介します。

異なる地目の登記ができる

1つの土地には1つの地目しか設定ができませんが、分筆することで異なる地目の登記が可能になります。
今まで農地だった土地も、分筆して片方を宅地とすれば、宅地の部分に家を建てられるようになります。

所有者それぞれが土地の活用ができる

住宅ローンを利用して家を新築する場合、土地を分筆せずに建ててしまうと、土地全体に抵当権が設定されてしまいます。
そのため別の所有者が家を建てたいと思っても、すでに土地には抵当権が設定されているので、住宅ローンの審査が通らない可能性があります。
分筆していれば、それぞれが住宅ローンを組むことも、一部を売却することも可能です。

税金が安くなる場合がある

土地が広く、大通りに面した土地は評価額が高く、固定資産税や相続税、贈与税などが高くなります。
分筆をして面積を小さくし、大通りに面していない土地を作ることで、評価額が下がり、税金が安くなる場合があります。
逆に分筆をおこなうことによるデメリットは、土地が狭くなる分使い勝手が悪くなることや、場合によっては家を建築できなくなる可能性もあるということです。
建築基準法では、幅員4m以上の道路に2m以上接道していないと建物が建築できないという接道義務を設けています。
そのため分筆をする際は、接道する道路にも注意することが必要です。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における分筆方法とは

分筆をおこなう方法を、流れに沿ってご紹介します。

  • 土地家屋調査士に依頼する
  • 土地家屋調査士による現地調査
  • 分筆案の作成
  • 隣地所有者の立ち会いのもと、境界の確認
  • 境界標の設置
  • 法務局で分筆登記申請をおこなう

分筆登記の申請から約1週間後に、登記完了証と登記識別情報通知書を受け取ることができます。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

複数の所有者がいる土地の場合、分筆することで活用の幅が広がります。
分筆する際は、接道する道路が建築基準法の接道義務を満たしているかという点にも注意して分筆しましょう。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ