不動産売却で発生する仲介手数料とは?相場や上限額をご紹介!

2022-07-07

不動産売却で発生する仲介手数料とは?相場や上限額をご紹介!

不動産を「仲介」で売却すると、仲介手数料が発生します。
「仲介手数料の目安が知りたい」「いつ支払うのか知りたい」という方も多いのではないでしょうか。
そこで、仲介手数料の上限額や相場、支払うタイミングなどについてご紹介します。
不動産売却時にかかる費用が気になる方や、事前に仲介手数料がいくらかかるのかを知りたい方は、ぜひ参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に発生する仲介手数料の相場

仲介手数料は、売却価格によって上限額が設定されています。
そのため、仲介手数料は変動するため、相場はないと言えるのです。
仲介手数料には下限額は定められていませんが、多くの不動産会社が上限額を仲介手数料として設定しています。
では、仲介手数料はどのようなときに発生するのでしょうか。
不動産会社に不動産売却を依頼すると、不動産会社は売主に代わって売却活動をして買い手を探します。
売却活動の結果、買主と不動産売買契約が成立した場合、売主は不動産会社に対して成功報酬として仲介手数料を支払います。
不動産売買契約が成立しなければ、たとえ不動産仲介で売却したとしても、仲介手数料は発生しません。
仲介手数料が発生する場合、不動産売買契約の締結後と物件の引き渡し後の2回にわけて、半額ずつ支払います。

低廉な空き家等の売買取引の特例

価格が400万円以下の低廉(安価)な空き家を売却する場合、「低廉な空き家等の売買取引における特例」が適用されます。
この特例が適用されると、不動産会社は物件調査費を仲介手数料に上乗せし、仲介手数料を「最大18万円+消費税」まで引き上げることができます。
この特例は、近年増加している空き家を流通させることを目的に施行されました。
特例の施行後は、以前よりも空き家の取引が活発におこなわれています。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時でかかる仲介手数料の上限額

仲介手数料は、宅地建物取引業法によって上限額が定められています。
仲介手数料の上限額の例をご紹介します。

  • 売却価格が200万円以下の部分:(売却価格×5%)+消費税
  • 売却価格が200万円を超えて400万円以下の部分:(売却価格×4%)+消費税
  • 売却価格が400万円を超える部分:(売却価格×3%)+消費税

売却価格が100万円だった場合の仲介手数料の上限は、5万5,000円になります。
なお、例外として上限額以上の仲介手数料が必要になるケースもあります。
たとえば、遠方にある不動産を売却する場合、仲介手数料とは別に交通費などが必要です。
また、売主の希望で広告の数を増やした場合は広告作成費、土地の測量や不要物の廃棄処分をおこなった場合は、測量費や廃棄費用を支払います。
測量費と廃棄費用は、費用が発生したときに実費で請求されますので注意しましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

仲介手数料には上限額が定められており、不動産売却価格によって上限額が変動します。
例外として仲介手数料に上乗せして費用を支払うケースもあるため、余裕を持って資金計画を立てるようにしましょう。
不動産売却時に発生する費用が心配な方や、不動産売却を検討中の方は、弊社にご相談ください。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ