ローン残債があっても不動産売却できる?スムーズな売却をするには?

2022-07-28

ローン残債があっても不動産売却できる?スムーズな売却をするには?

ほとんどの方がローンを組んで不動産を購入しますが、転勤やライフステージの変化で不動産売却をしたい場合、ローン残債があっても不動産売却はできるのでしょうか。
深谷市周辺で不動産売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

ローン残債がある不動産売却は抵当権に注意

ローン残債がない場合は自由に不動産売却できますが、ローン残債があると抵当権を抹消しない限り不動産売却ができません。
抵当権とは金融機関がローンの返済ができないときのために不動産を担保としておくことであり、滞納が続くようなら裁判所に申し立てをおこない、裁判所が不動産を差し押さえできます。
抵当権を抹消するにはローン残債を完済する必要があり、不動産売却で得た資金でローン残債を完済しても問題ありません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

ローン残債があっても不動産売却する方法とは?

ローン残債があっても不動産売却は可能ですが、ローン残債と不動産の売却価格によって売却方法は大きく異なります。
ローン残債が不動産売却価格を下回っているアンダーローンの状態なら自由に売却が可能です。
不動産売却後も自宅に住みたいという方は、リースバックという売却した不動産会社と賃貸借契約を結ぶことで引っ越しをせずに住み続ける方法もあります。
ただし、ローン残債が不動産売却価格を上回っているオーバーローンの状態なら自由に売却できません。
オーバーローンの状態で不動産売却する方法は、金融機関から同意を得て不動産の抵当権を抹消してから売却する任意売却という方法になります。
任意売却にすると不動産売却が可能ですが、売却後もローン残債を返済する必要がありますので注意が必要です。
ただし、ローン残債が多かったりローンを組んで日が浅かったりすると任意売却に同意してもらえない恐れもありますので、金融機関とあらかじめ相談しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

ローン残債がある不動産売却の注意点とは?

住み替えで不動産売却する場合、売り先行と買い先行の2パターンありますが、ローン残債があるなら売り先行がオススメです。
買い先行の場合、ローン残債を返済しつつ新たなローンも返済する必要があるので家計がかなり厳しくなります。
一戸建ての不動産売却なら築年数が浅いうちに売却するほうが良く、築年数5年以下と築年数30年以上の不動産を比較すると約4,200万円も売却価格が下がるとされています。
深谷市周辺で不動産売却をお考えの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

ローン残債がある不動産でも売却することは可能ですが、オーバーローンかアンダーローンかで不動産売却の流れは大きく異なります。
早めに自分の不動産も確認しましょう。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ