住み替え・離婚・相続が理由で不動産売却する際の注意点をご紹介

2022-08-11

住み替え・離婚・相続が理由で不動産売却する際の注意点をご紹介

不動産売却を考えている方のなかには、引っ越しや離婚などさまざまな理由があるのではないでしょうか。
そこで、そのような理由で不動産売却をご検討中の方に、住み替え時・離婚時・相続時の注意点をそれぞれご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却する理由①住み替え時の注意点

住み替えによって不動産売却をする際の注意点を解説していきます。
住み替えの場合にもっとも注意しておきたいのが、売却と購入のタイミングです。
住み替えには「売り先行」と「買い先行」の2つのパターンがあります。
売り先行とは、現在住んでいる家を売却してから、どこかへ仮住まいをし、そこで新居を探し購入する方法です。
売り先行は、仮住まいに費用がかかるデメリットがありますが、売却した代金を新居の購入資金に充てられるといったメリットがあります。
一方で、買い先行とは現在の家に住みながら、新居を購入し引っ越ししてから、家を売却する方法です。
メリットとしては、ゆっくりと新居探しができるうえ、仮住まいの費用がかからないことが挙げられます。
しかし、買い先行は現在の家の買い手がなかなか見つからなかった場合は、新居のローンと元のローンとの二重払いになってしまう可能性があるため注意が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却する理由②離婚時の注意点

離婚によって不動産売却をする際の注意点を解説していきます。
離婚時には、財産分与といって夫婦でなした財産は平等に分ける必要があります。
もし、どちらかが住み続ける場合は、もう一方の配偶者へ現金を渡すなどの処置が必要になってきます。
しかし、このようなケースでは、金額が大きくなることから資金に余裕がない限り現実的ではありません。
そのため、不動産のような簡易に分けることが不可能なものは、売却して現金化したものを均等に分配するほうがトラブルは起きにくいです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却する理由③相続時の注意点

相続によって不動産売却をする際の注意点を解説していきます。
相続した不動産を売却する際に、注意しなければならないのが相続税です。
相続税は相続開始後から10か月以内に納めなければなりません。
もし不動産売却で得た資金で相続税を納めることを考えている場合は、売却期間が短くなってしまいます。
あまりに売り急ぐことで、値引き交渉をされてしまうことがないように注意しなければなりません。
また、被相続人から相続した際は、名義変更をおこなわなければ売却することができません。
そのため、スムーズに売却するためにも相続時に手続きしておくことをおすすめします。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

住み替え・離婚・相続が理由で不動産売却をする際の注意点をご紹介してきました。
不動産売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ