不動産の売却益には税金がかかる!計算方法や節税対策についてご紹介

2022-08-25

不動産の売却益には税金がかかる!計算方法や節税対策についてご紹介

不動産売却をおこなうと税金が発生する、という話を耳にしたことがある方も多いでしょう。
しかし正確にいうとこれは誤りで、売却益が発生しない限り税金はかかりません。
そこで売却益とはなにか、計算方法や節税対策についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売買の売却益とは?

売却益とは、不動産の売却で出た利益のことです。
不動産売却では利益が発生したときのみ、税金が発生します。
また、売却価格がそのまま利益となるわけではありません。
売却価格からさまざまな費用を差し引いたものが売却益です。
そのため、不動産売却をおこなったからといって必ずしもでるとは限りません。
売却益がでた場合は税額の確定のため、確定申告が必要です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売買での売却益の計算方法は?

不動産売買では、売却価格と売却益は必ずしも同じとは限りません。
売却価格から譲渡費用や取得費などさまざま費用を差し引いたものが、売却益です。
具体的な計算方法としては、以下を用いてください。
売却益=売却価格-(取得費-減価償却費)-譲渡費用
譲渡費用とは売却するためにかかった費用のことで、仲介手数料や解体費用、登録免許税などの費用が含まれます。
また取得費が分からない場合は、売却価格の5%とすることが可能です。
売却益がでた場合の税金の計算方法は、以下のとおりです。
税金=売却益(課税譲渡所得)×税率
不動産の場合、課税される税率は所有期間によって違いがあるため注意しましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却益には税金がかかる!節税する方法は?

不動産売買は高額で取引されるため、売却益にかかる税金も高くなりがちです。
できるだけ節税し、手元に残しておきたいと考えるのも無理はありません。
税金を安く抑えるためには、売却益をいかに少なくするかがポイントとなってきます。
譲渡費用として計上できるものは漏らさず計上するほか、利用できる特別控除や特例がないか調べておきましょう。
たとえば、居住用財産を売却する際に利用できる3,000万円の特別控除は、要件を満たせば譲渡所得から3,000万円控除することが可能です。
さらに、所有期間が10年超の居住用財産を売却した場合の軽減税率の特例を利用すれば、長期譲渡所得の税率が軽減されます。
また、居住用財産を買い替えた場合、一定の要件を満たすものに限り、その売却損をその年の給与所得や事業所得などほかの所得から控除可能です。
控除しきれなかった売却損は、売却翌年以降3年以内に繰り越し控除できるので頭にいれておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却をおこなったからといって、必ずしも税金が発生するわけではありません。
取得費や譲渡費用を除いた利益に対して課税されるため、注意しましょう。
節税するためには、売却益を抑えることが重要です。
利用できる特例などないか、事前に確認しておきましょう。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ