リースバックのトラブル事例やトラブル回避の対策についてご紹介

2022-10-20

リースバックのトラブル事例やトラブル回避の対策についてご紹介

リースバックとは、現在居住している自宅をリースバック業者に買い取ってもらい、まとまった金銭を入手し、賃貸物件として住み続ける方法です。
リースバックにはメリットもありますが、さまざまな注意点もあります。
この記事では、埼玉県北部にお住まいの住宅ローンの返済が苦しい方にむけて、リースバックで起きるトラブル事例やトラブル回避の対策についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

リースバックにおけるトラブルや注意点とは?

リースバックの注意点は、買取価格が相場より安くなることです。
リースバックで持ち家を売却した場合、相場に比べて買取価格が安くなる傾向があります。
買取価格は相場の約60~70%が一般的なため、思っていたより買取価格が安い場合もあるでしょう。
また、契約時に買戻価格が決定するため、買い戻すタイミングによっては相場より高い金額になることもあるため、最初から買い戻しを検討している場合は、契約時の買戻価格を念入りに確認することが大切です。
なお、リースバックは、定期賃貸借契約が一般的なため、2~5年ごとに再契約が必要です。
貸主から再契約を断られることもあり、売却した家に住み続けられる期間が制限される場合もあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

リースバックのトラブル事例とは?

リースバックのトラブル事例として、家賃が高くて支払いができないことがあげられます。
リースバックの家賃相場は年間で売却価格の1割ほどと一般的な物件に比べ高いため、家賃が支払えなくなる可能性も十分考えられるでしょう。
また、リースバックは期限後に持ち家を買い戻せますが、買戻価格は買取価格の1~3割高となるため、買い戻す予定でいたのに買戻費用が支払えなかったというケースもあります。
ほかにも、買取業者に所有権が移行しているため、物件を勝手に売却されてしまったということもあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

リースバックでよく起きるトラブルを回避する対策とは?

リースバックで起きるトラブルを回避するには、契約書の内容をしっかり確認することが大切です。
また、物件に住むための契約が、普通借家契約か定期借家契約のどちらになっているか確認が必要です。
締結する契約が定期借家契約の場合は、契約年数が自身の住みたい年数以上になっているか確認することが重要となります。
なお、買取価格が年間家賃とのバランスと他の業者が提示した価格の2点を前提に、適正な価格なのか確認することが必要です。
売却後のトラブルを回避するためにも、提案されている売却価格が自身の希望価格の範囲内なのかを基準にして判断することが重要となります。
リースバック後の家賃が支払えるかを確認することも大切です。
一般的に、リースバックの毎月の家賃は、下記の方法で計算します。
1か月の家賃=買取価格×7~13%程度÷12か月
賃貸借期間と家賃を基準に、毎月の家賃が負担にならないか確認すると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

リースバックにはメリットもありますが、注意点も多くありトラブルになる可能性もあります。
トラブルを回避するためにも契約内容はしっかり確認することが大切です。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ