離婚で不動産売却した場合の財産分与の方法とは?注意点も解説

2022-11-24

離婚で不動産売却した場合の財産分与の方法とは?注意点も解説

離婚による財産分与では、現金だけでなく不動産も対象となります。
不動産売却による財産分与は注意点が多いため、離婚を検討している段階でポイントを押さえておきましょう。
この記事では、離婚で不動産売却をするときの財産分与の方法や、注意点を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

財産分与とは?離婚により不動産売却をした場合はどうなる?

財産分与とは、離婚により、結婚後に夫婦2人で築いた財産を分け合うことを指します。
財産分与には3種類あり、結婚中に築いた財産を平等に分け合う清算的財産分与が一般的です。
そのほか、一方の生活を維持するために財産を分ける扶養的財産分与、離婚の原因を作った方が慰謝料として財産を分ける慰謝料的財産分与があります。
財産分与では原則として、不動産の所有者や年収に関係なく2分の1ずつ財産を分け合います。
財産分与で対象となる財産は、結婚後に2人で築いた現金や不動産などです。
結婚前にご自身で貯めた貯金や、売却しても残債のある不動産は財産分与の対象になりません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚により不動産売却する際の財産分与の方法と手順

不動産を売却する場合の財産分与の方法として、売却代金を分け合う方法があります。
財産分与の手順は、まず不動産の所有者の名義を確認することです。
夫婦2人の共有名義の場合は、両者の合意がなければ売却できません。
その後、不動産会社に査定を依頼して不動産のおおよその時価を把握します。
このとき、住宅ローンの残債が時価を上回らないことを確認しておきましょう。
その後、不動産を売却し、売却価格から住宅ローンの残債を差し引いた金額を2人で分け合う、といった流れです。
財産は2分の1ずつ分け合うのが原則ですが、夫婦間の話し合いによって割合を変えることができます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚により不動産売却する際の財産分与の注意点

離婚により不動産売却をする際の、財産分与の主な注意点は2つあります。
1つ目は、請求できる期間が決められていることです。
財産分与を請求できるのは離婚成立日から2年間であり、この間に財産分与の意思を示さなくてはなりません。
双方の合意があれば期間を過ぎても財産分与は可能ですが、贈与として扱われることもあるため注意が必要です。
2つ目は、離婚での話し合いの内容が記載されている離婚協議書は、公正証書で作成することです。
公正証書は強制執行が可能になるため、話し合いで決めた財産分与の方法を守らず金銭トラブルが生じた場合でも取り戻せる可能性があります。
また、売却のタイミングは離婚後におこなうのが良いでしょう。
離婚前に売却して財産を分け合うと贈与にあたり、贈与税が発生します。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

結婚中に築いた財産であれば、不動産も財産分与の対象となります。
財産分与の請求には離婚が成立してから2年の期限があるため、早めに請求できるよう準備をしておきましょう。
深谷市周辺の不動産の売却をご検討中なら、ぜひ「株式会社Future Box」にご相談ください。
地域密着でお客様の不動産売買を全力でサポートいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

048-594-8380

営業時間
9:30~18:30
定休日
年末年始、GW、夏季休暇

売却査定

お問い合わせ